コンテンツ6

  • HOME
  • > 制作日誌
  • > 【映画『六月燈の三姉妹』初日舞台挨拶レポート】

【映画『六月燈の三姉妹』初日舞台挨拶レポート】


【映画『六月燈の三姉妹』初日舞台挨拶レポート】
先週5月31日(土)、ついに本作が全国で公開されました!
全国公開初日には、シネマート六本木、TOHOシネマズ日本橋にて、初日舞台挨拶が行われ、
舞台挨拶には吹石一恵さん、徳永えりさん、吉田 羊さん、津田寛治さん、西田聖志朗さんが登場!
海峡映画祭に出席する為、参加できなかった佐々部監督からのサプライズメッセージも読み上げられ、
想いのこもったメッセージに、登壇者や観客が感動するシーンもありました!!

今回は、シネマート六本木で行われた舞台挨拶の模様をたっぷりとご報告いたします!

吹石:朝早くからお越しいただきありがとうございます。いろんな役をやらせてもらっていますが、離婚調停中っていう役は初めてで、重々しい大変な役かと思いましたが、現場では明るくて素敵なキャストのみなさんに囲まれました。
徳永:こんな沢山お客様がいるなんてって感じです。
吉田:立ち見が出るとは思っていませんでした。一人当たり10人に宣伝して頂いて『アナ雪』をこえたいです。(笑)
津田:超満員の劇場を久々にみました。ちゃんと映画をみてくれる客層で感動しました
西田:面白いなと思ったら10といわず、100人の方に宣伝をお願いします

Q奈美江の役柄について
吹石「役の上ではみなさん色々な問題を抱えていますが…役の上でですよ?!人間模様が描かれている作品で現場では家族同然のように過ごさせていただきました」

Q共感できるところ、理想の夫婦像について
吹石「あっさりさっぱりばっさりしているところ。思っていることをいっちゃってあとで怒られることも…。結構ヘビーなセリフが多くてやってるときは、弱っている津田さんを見てもっとやっちゃおうかなと思ったけど、出来上がりをみるとちょっと申し訳ないことをしたなと思いました。理想の夫婦像は自分の両親としての在り方が憧れです」

Q現場の雰囲気は?
徳永「すごくたのしかったです。ただただ甘えさせていただいたというか、かわいがってくださった。ボディタッチをしたり、普段の現場の空気感のおかげで姉妹ならではの雰囲気が出たと思います。カメラが回っていないところでも「お姉ちゃん」って呼ばせていただき、仲良くさせていただきました。」

Q長女役をやってみた感想は?
吉田「5人兄弟の末っ子なので、三姉妹の力関係はよくわからなかったです。長女は大事なタイミングのところでちゃんとくぎを刺すっていうところは姉を思い出して『姉、ありがとう!』とやってみて思いました。」

Q吉田さんは「ツレがうつになりまして。」から二度目の佐々部組ですが、佐々部監督らしいエピソードは?
吉田「テスト本番からカメラを回すこと。自然なその人のたたずまいを撮りたい監督です。よりリラックスな状態で臨んでいるテスト本番からカメラを回しておくのであがり症の私にはすごくいい。」

Q吹石さんとの共演はどうでしたか?
津田「徹が、なんで奈美江にこだわるのかっていうのは、奈美江自身の人柄もそうだし、家族の雰囲気が好きだからなのかなと。現場でも三姉妹は役名で呼び合っていて、聖さんはいつも三姉妹に怒られていました。(笑)見る人みんながこういった親戚が私にもあったらいいなっておもう作品だと思います。」

Q企画者、そしてキャストとして引っ張ってこられましたが、この日を迎えられたお気持ちは?

西田「この日を迎えられたことが夢のようです。最初は本当に混沌としていた作品でいろんな人の支えでできた作品だと思います。」

スケジュールの都合で来られなかった佐々部監督からサプライズメッセージが!
「羊ちゃん、長女という難しいポジションを、すごく理解した押さえたお芝居、さすがでした。」
「えり、あなたのまっすぐなお芝居が、栄というキャラクターをより濃いものにしてくれました」
「津田くん、この作品の中で僕は、あなたが演じた平川という人そのものです、ありがとう。」
「聖志郎さん、芝居はちょいとおいといて、全国公開の映画にした執念、監督として見習い、そして敬意を表します。」
「そして一恵ちゃん、座長として現場の空気を導いてくれたこと、感謝しています。男前のかっこよさでした。とはいえ、ブラトップのCM、色っぽくて、なんて素敵なんだ!」
―お客様へ
「不器用な家族が不器用な一歩を踏み出す、不器用な映画です。その不器用さがいとおしく伝わる映画でもあります。気に入ってもらえたら、今日から宣伝部員になってください!

Q:最後に一言
吹石「最後まで、楽しんでご覧ください!」