コンテンツ1

六月燈とは


六月燈とは

六月燈とは、旧暦の6月(現在では7月)に鹿児島県内の神社・寺院でそれぞれの日程が定められて行われているお祭りです。
県民に「ロッガッドー」の呼び名で親しまれています。

薩摩藩第二代藩主の島津光久が、上山寺新照院に観音堂を建立して供養のために燈籠を灯したのを、領民達が見習った事がこの祭りの始まりと言われています。

しかし、それ以前からも疫病払いや虫追いを兼ねて灯明をささげる風習があったともされています。

奉納

梅雨明けの季節でもあり、稲に害虫が発生する時期で、悪疫退散・五穀豊穣・家内安全などを祈願し、こうした民間の行事が洗練されて六月燈の祭りに発展したのだろうと言うことです。

鹿児島県下の神社や寺院に灯籠が奉納され、7〜8月上旬の期間中、各地の神社仏閣で日にちを違えてほぼ毎日縁日が開かれています。

県内最大規模の六月燈は、7月15日、16日に開催される照国神社の六月燈だとされています。沿道にはたくさんの夜店が並び、境内が樹企業や商店街の奉納した豪華な燈籠で飾られる様子は圧巻です。


あらすじ